外壁

窓枠アート

原高史

原高史 / Takafumi HARA

1968年 東京都生まれ、東京都在住。
1992年 多摩美術大学絵画学科油画専攻大学院修了。

主な展覧会歴
2015年「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015」旧六甲オリエンタルホテル(神戸)、2010年「Signs of Memory Pink Windows Project MOCA Taipei」台北當代藝術館(台北)、2009年「ハバナビエンナーレ」(キューバ)、2007年「Das abc dir Bilder」ペルガモン博物館(ベルリン)、2006年「シンガポールビエンナーレ」シティホール・HDB・IMF 国際通貨基金会議(シンガポール)、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006」十日町市学校町一丁目
(新潟)

歴史的建物や、地域一帯の窓を埋め尽くすプロジェクト『Signs of Memory』を世界で展開。絵画では言葉と絵を組み合わせたpoketbookシリーズを展開。企業や行政、教育機関とのアートコラボレーション、ワークショップ等も行っている。デザイン、アート、プロジェクトを社会に投じる団体「comport /papic」を監修している。


Project August.str.
2004年 
ベルリン ミッテ地区 アウグスト通り(ドイツ)


Signs of memory Pink Windows Project 2010 at MOCA Taipei
2010年 
台北當代藝術館


心の中の少女は死んでいく
2012年 2590×1940mm キャンバスにアクリル彩 個人蔵